ノミ駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7741

フリーダイヤル0800-805-7741

ヒトへの被害

どんな症状がおこる?

駆除にあたりノミの知識を持っておきましょう。ノミに噛まれた場合、やはり起こるのは激しいかゆみです。
時間がたつと噛まれた部分には紅斑や丘疹などの跡が残ります。ノミは地上からジャンプしてくるので、噛まれる部分は下半身に集中するようです。また、ノミは衣服の中にも侵入してくるので、肌が露出していない部分でも吸血してきます。
ノミ刺咬症になると強いかゆみを覚え、爪で引っかいてしまうために化膿してしまうなどの二次感染を引き起こしてしまう恐れがあります。早めに駆除を。

治療法は?

ノミに噛まれると強いかゆみを覚えますが、あまり掻いてしまうと先ほどにも述べたように二次感染を起こしてしまう可能性があるので、できるだけ掻かないようにすることが一番です。
かまれた部分は常に清潔にしておき、かゆみ止めの軟膏をしっかりと塗りましょう。
また、化膿をするなどの二次感染を引き起こしてしまった場合は、抗菌薬の軟膏を塗る、またはヒスタミン軟膏を塗るなどして、対策をしましょう。早めに駆除をしましょう。

予防をしよう

駆除をする前に、噛まれる前の予防をしておくことは非常に大切です。
まず、ノミはペットなどの身近な動物からご自宅に侵入してくることが多いです。
定期的に、ペットにノミの成虫がついていないか確認することはご自身にとってもペットにとっても非常に大切です。ノミの被害はペットにとっても非常に大変なものです。ノミがついていないかは常に心がけてあげましょう。
ペットが普段寝ている場所などを中心に、しっかり掃除を行い、常に清潔に保つことでノミの卵や幼虫の繁殖を防ぎます。
外出した際は、衣服をブラッシングするなどしてノミを払い落としてから自宅に戻るようにすることで、外からノミを持ち込まないようにしましょう。早めの駆除を。