ノミ駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7741

フリーダイヤル0800-805-7741

ペットへの被害

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミはペットの体に寄生し、吸血します。その時に体内に入れられる唾液によってノミアレルギー性皮膚炎を引き起こします。
これにかかると、湿疹や脱毛、そして激しいかゆみがおこります。
そのため、肉体的にも精神的にもストレスを感じることとなります。早めに駆除しましょう。

貧血

1匹のノミが吸血する血の量はそこまで多くはなくとも、ノミの大群が一度に吸血をすると、まだ成長しきっていないイヌやネコの赤ちゃんは貧血を起こしてしまう可能性があります。
非常に恐ろしい事態ですね。駆除の好機です。

二次感染

ヒトと同じように、ペットもかゆみを覚えると掻き毟ってしまいます。
そこに傷ができると細菌が入り込み、化膿してしまう恐れがあります。早めに駆除しましょう。

サナダムシ

ノミの幼虫は時にサナダムシの卵を捕食することがあります。捕食されたサナダムシは飲みの体内でそのまま成長します。サナダムシを体内で成長させたノミがイヌやネコの体に寄生していると、グルーミング(毛づくろい)によって食べてしまいます。
サナダムシ持ちのノミを食べてしまったことにより、サナダムシが小腸に寄生します。このために下痢や嘔吐などの症状がおこります。早く駆除したいですね。

予防対策をしよう

高温多湿を好むノミは、春から夏にかけて大量に発生します。この時期は特に気をつけましょう。 この時期は1日に沢山の卵を産み、その卵は約1週間から2週間ほどで孵化してしまいます。 この卵をそのままにしてしまうと、ノミの大量発生を引き起こしてしまいます。
このような事態を防ぐためにも、あらかじめ動物病院へ行き、予防薬を貰うなどしてペットをノミの被害から出来るだけ守れるように準備をしておきましょう。
被害にあってからでは遅かったとならないように!早めのノミ駆除を。