ノミ駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7741

フリーダイヤル0800-805-7741

刺されたらどうすればいいの?

まずはかゆみを止めよう

ノミに刺された際は、非常に強いかゆみが体を襲います。
蚊に刺されたときとは比べ物にならないほどの激しいかゆみなので、あまりにかゆいからと掻きすぎると、その後の二次感染による化膿が非常に怖いので、できるだけ掻かないようにしなければなりません。
そこで大切になってくるのがかゆみを止めるということです。
お店などで売っている主に蚊に刺された時用の虫刺されの薬は効果がありません。そもそも蚊などとは毒性が違うので、効いてくれません。
ノミに刺されたということが分かったら、やはり病院に行くことが一番でしょう。皮膚科の薬をもらい、それを塗ればすぐにかゆみは引いていきます。
蚊と違い、ノミのかゆみはなかなか我慢できるものではありません。ノミ刺されに効く薬を塗ることが一番の対策だと言えます。はやめにノミ駆除を行いましょう。

ノミを触るのは危険!

ノミに刺されてしまったからといって、蚊のように捕まえてつぶしてやろうと思うのは危険です。 無理矢理つぶしてしまうと、ノミの卵が飛び散ってしまいます。
その場では払う程度にして、なるべく卵を飛び散らせないようにしましょう。

ノミの駆除はノミ駆除のプロへお任せ下さい

ノミが発生しているとわかり、市販の殺虫剤などを使用したとしても、一時的な効果はあるかもしれませんが、ノミ発生の根本的な原因が分からなければ意味がありません。ノミ駆除のプロにご連絡下されば、まず初めにしっかりとした調査をさせていただきます。そこでノミの発生した原因を突き止め、駆除をするので、効果は絶大です。早めに駆除するようにしましょう。
ノミが発生する原因はその場所の環境によっても変わってきます。ノミ駆除のプロの専門的な知識と技術を持って、根本からの解決をお約束いたします!